第21回群馬オープン 5年連続優勝

2015年 8月 12日

写真1写真2

8月8日群馬県伊勢崎市にて群馬オープン開会式が行われた。本大会は5連覇のかかった、新チームとして臨む初めての大会である。予選を1位で通過し最終日の11日、各グループ1位通過した4チームで順位決定戦が行われた。
1試合目、栃木県那須拓陽高校と対戦し、初回から中軸打線で得点を挙げると、2回以降も得点を重ね、試合を優位に進めていった。1年生投手佐藤が力投し決勝に進んだ。

長野県篠ノ井高校との決勝戦は、初回、先頭打者が四球で出塁すると2番打者以降もレフト前、ライト前と連打し、また相手のエラーもあり初回に3点、2回にも追加点を挙げた。終盤、守備の乱れから3点を奪われたが、1年生投手の継投で逃げきり5連覇を達成した。

まだまだ課題が多く残る新チームですが、渡辺監督の指導を信じ、まずは、目の前の目標である「新人戦優勝」を達成すべく、「インターハイ優勝チームの木更津総合」の名に恥じないよう、日々練習に励んでまいりますので、新チームの応援をよろしくお願いいたします。