平成28年度全国私学大会準決勝進出

2016年 3月 28日

全国私学大会の決勝リーグ初戦、宮城県の東北生活文化大学付属高校との試合を逆転勝利で突破した。初回に1点を入れたものの3回に逆転され、ピッチャーは二年生の小西に交代。ピンチを連続三振で切り抜けると4回の攻撃2アウトから小西の3ベースで同点、三年生隈元の2ベースで逆転すると、小澤のタイムリーでたたみかけ勢いに乗り、7-2と圧勝した。小西は9連続三振でこの試合を最後まで投げきった。

【二回戦】京都産業大付属高校との試合では、初回に3点をあげ先制したものの、粘り強い相手校の攻撃で一点差に詰め寄られたが、ピッチャーの継投で5-4と逃げ切った。

【準々決勝】栃木県の宇都宮文星高校との準々決勝は、木更津の打線が爆発し、満塁で2点タイムリーを放った三年生八木、松井を始め全員安打の猛攻撃で8-0の5回コールドで準決勝へ駒を進めた。この試合を一人で投げきった小西と捕手辻のバッテリーは短打3本を許すも、安定感抜群の存在感を示した。

明日は、準決勝、決勝が行われます。二連覇に向けて全力で闘います。